2011年10月14日

「初期研修医は救命センターで経験を」−救急医学会の有賀氏とするとおよよ・・・

よろこびも嗚咽もいってみよう?
きのうはこれこれの特集にします。
医療を点検するまでもなく・・・

☆★☆

「初期研修医は救命センターで経験を」−救急医学会の有賀氏
医療介護CBニュース 10月13日(木)14時59分配信

日本救急医学会の有賀徹代表理事(昭和大病院長)はこのほど、キャリアブレインのドクターアカデミー(DA)の収録で、病気やけが以外に家庭や職場内などの問題を抱えている患者に対応できるだけの知識や技術を身に付けるため、若手医師が2年間の初期研修で、救命救急センターでの業務を経験できるようにすべきだとの考えを示した。

有賀氏は、日本専門医制度評価・認定機構の池田康夫理事長との対談の中で、救命救急センターに搬送される患者について、「医学的に重篤だということはすぐに理解できると思うが、社会的な背景に極めてバラエティーがある」と指摘。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111013-00000001-cbn-soci

★☆★

この程度の展開で上がりとなります。
此れからも、この様な進捗でどうなんでしょう・・・・・・・・
ばいばい!!!


ただ今、この世の転変は変化に飛ぶ傾向にあり全部に注意が行かない情勢が顕著です。
この変化の吉相はパソコンの枠組みからしても反響が出ているのです。 事例をのべるとショッピング枠現金化鳥取県クレジットカード現金化川口、時にはショッピング枠現金化川口鳥取県クレジットカードショッピング枠現金化などという検索の仕方があるんです。
これらの一端にも、社会の変転の部分が表面化してきています。
それらの他に、現金化カード融資というワードや現金化還元率比較、ときには現金化法人名義カードクレジット\xA5
ʔ璽標酋皺縦纂荼\xA9
等々の様もみられます。 こういった場所にしても、世相の激変が出ていくはずです。
いまの独り言
いまの課程
今日の熟知
posted by こうた96po at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。